プリンターのインク関連情報

HOMEEPSONのインクカートリッジ

最終更新日:2017/09/19

EPSONのインクカートリッジ

四色のインク

大手プリンターメーカーの中でも、EPSON製のプリンターのインクは、他のメーカーに比べると写真の印刷面で優れていると一般的には評価されています。もちろん大手のプリンターのインクというのは印刷結果も基準値を満たしたクオリティなのは言うまでもありませんが、その中でも経営実績の長いEPSONというのは業界でも頭ひとつ抜けている仕上がりだと言えるでしょう。
プリンターのインクですが、特にデザイン系の業界関係者を始め、業務目的で使用する場合は印刷の仕上がり具合が非常に重要となります。そういった事情もあるので、通常のブラック・シアン・マゼンダ・イエローに加え、ライトシアン・ライトマゼンダという6色のインクを搭載してるEPSONのインクカートリッジは色の表現幅が広くなっているのです。インクの色幅が広いだけあり、写真へ印刷を行った時の仕上がりは非常にキレイとなっています。そういった意味でもカメラを使った写真撮影の現像により適しているのがEPSONのインクだと言えるでしょう。
とはいえインクの種別は染料が基本なので、文章印刷に関しては他のメーカー品よりもぼやけた印象になってしまうのが気を付けておきたい部分です。そこまでデリケートになる必要はありませんが、年賀状はがきや会社の重要書類作成といった内容の場合、仕上がりに関しては他のプリンターメーカーの方が上だと言えるでしょう。
カートリッジの詰め替えやすさに関しては機種によって違いがあるので一概には言えませんが、他のメーカー製品に比べるとEPSONのインクカートリッジの内部構造はやや複雑となっているので、専門の詰め替えカートリッジを使うのが主流となっているのです。
簡単ではありますがEPSONのインクカートリッジについて特徴を書きましたが、インクカートリッジとしての総合的なクオリティに関しては安定した品質を保っています。もしもインクカートリッジに問題があったとしても、修理代そのものは他メーカーよりも非常に安価で収まるので、長期的なコスト面で考えた場合は非常に優秀だと言えるでしょう。インクカートリッジ自体の詰め替えやすさに関しても、比較的やりやすい部類に入るのもEPSONインクカートリッジの特徴です。他のインクメーカー製品と比較してみて下さい。コスト面で選ぶか、印刷の仕上がり面で選ぶか、消耗品であるインクカートリッジのメーカーごとに購入するポイントはよく吟味してから決めていきましょう。

一覧はこちら

プリンターのインクランキング

TOP